元引きこもりの私が急に思い出した小6の桜の絵

NO IMAGE

昔から、少しずれていたのかはわからないのですが(またか)、

こういうエピソードが、ところどころにあった気がして
今日、急に思い出した事をそのまま書いてみました。

 

ちなみに小4の時のエピソードはコチラです

 

スポンサードリンク

 

—————————————————-

その日は小6の春だったと思う。

 

美術の時間だったと思うけど、
近くで満開だった桜の絵を写生しに行った。

 

晴天の下、春の陽気で桜も綺麗なピンク色だった。

 

で、水彩絵の具を使って描いていくのだけど、
当然、みんな桜はピンク色で塗る。

 

例外なくそうなんだけど、

 

 

なぜか自分は紫色で桜を塗っていた。

 

 

誤解の無いように言っておくけど、
特に精神的に暗いとかではなく
(むしろお調子者)家でも特に問題はない。

 

適当な精神科医だったら、
「病んでる」とか言いいそう。

 

まぁ、みんなが明るい色なのに一人だけ違うというのに
気づいたのは、結構塗った後で(全然友達の絵を見てなかった)

 

「あららら??」と思ってたとき、

 

担任の先生が
自分の絵を覗き込んだ。

 

「げ、この色、おかしいよな・・・」

 

と思って、何を言われるか戦々恐々としていると、

 

 

 

「お、夜桜か。いい色だな~」

 

 

と笑いながら言ってくれた。

 

当時の記憶が定かでないので、なんとも言えないけど、
確か、夜桜をイメージはしてなかった(笑)

 

それでも、その桜の色を自然と認めてもらえたことに、
嬉しかった、というより、子ども心にとても安心した。

 

 

嘘か誠か、ネットニュースなどでは
違う行動をする子どもに厳しくする先生もいるらしい。
(上記なら、「絵を描きなおしなさい!」のような)

 

 

 

その担任の先生は、変わった人で
勉強よりもいろんな外遊びを教えてくれた。

「天下取り」だったかな?
ボール遊びを教えてもらって、

 

それがうちのクラスではドッヂボールより盛り上がっていた。

 

そんな感じだったので、3学期には授業が追い付かなくなって、
テストの時間は答え合わせのみ。

答案用紙を手元に置きながら、
テストを解かずに
先生が一気に答えを教えてくれるという(笑)

 

だから、小中高の学生生活で一番印象に残っている先生だった。

 

—————————————————-

 

あの担任の先生のように
「お、それ、いいね!」と自然と
他者を認められる大人になりたいですし、

 

そういう大人が増えていければいいなぁ、と思います。

 

スポンサードリンク

引きこもり・ニートカテゴリの最新記事