引きこもっていた時、日曜日の夕方が一番消えたかった

引きこもっていた時、日曜日の夕方が一番消えたかった

仕事をせずに家にいたとき。

毎日「早く仕事をしなければ」という焦燥感がありましたが、

その中でも楽観と悲観が一定のリズムで繰り返されてました。

 

ガキ使見ながら

 

1日でいうと、
朝起きてから夕方までが焦燥感があり、
夕方18時頃に「なんとかなるさ」と少し楽観的になり、
夜寝る前に再度焦燥感が上がってくる。

通常のお仕事をされている方(夜勤、シフト制ではない)の通勤、勤務時間に合わせた感じです。

 

これは週間にも言えることで、

金曜日の夕方に楽観的になり
日曜日の夜~月曜日の朝に焦燥感と悲観がないまぜになります。

 

テレビで「ガキの使い」(日曜夜)を見ているとき、
笑いながらもとてつもない焦燥感にさいなまれるのです。

 

なぜ週末に心が楽になるかと言えば、
テレビも朝から休日モードの番組構成で、

 

「今日は仕事をしてなくてもいい日だ」

 

という(倒錯した)安心ができたからだと思います。

 

 

夏休み明け

 

なんでこんな事を思い出したかと言えば、
夏休み明けに子どもたちの自殺が増加する、と毎年聞くからです。

 

自分は大人になってからだったのですが、
なにか共通点はなかったかな、と思ったからでした。

 

もし、なんらかの理由で学校に行きたくないのであれば

夏休み中は、

「休むこと」

を自分も世間も容認している(できる)けど、

 

夏休みが終われば、

仮に、周囲がプレッシャーをかけなくても

新聞やテレビ、ネットでは

 

新学期

 

の文字が躍っているのですから、

本人としてはより忸怩たる思いが募るのではないかな・・・と思います。

 

 

まとめ

 

まとめ、というほどの何かがあるわけではないのですが、

私の場合はこんな心のリズムがあったので、

何か参考になれば・・・と思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

引きこもり・ニートカテゴリの最新記事