コーダーがデザインを勉強した方が良い3つの理由

コーダーがデザインを勉強した方が良い3つの理由

最近、プログラムの勉強と並行して、
デザインの勉強もしています。

そんな中で、
プログラマー(コーダーも)が
デザインを勉強した方が良い理由を3つまとめてみました。

 

デザイン担当との打ち合わせがしやすい

 

例えばですが、共通の母国語を話せる同士と
話せない同士。当然前者の方が話に齟齬がなく、
スムーズに進みやすいと思います。

こちら側に、その知識があれば
デザイン用語を言われても、頭に入りやすいです。
(ということは、デザイナーさんもコードについての知識が少しあると助かりますが)

 

相手への質問の内容のレベルも上がるでしょうし、
そもそも、担当者さんの実力もはかる事ができると思います。
(ただし、なまじ知識がある分、相手の事を尊重できないようでは
問題ですが・・・)

 

デザインのプロにならなくても良いと思います。
必要になるのは色相や余白、フォント、画像についての基礎的な知識で充分と思います。

 

開発の時間、工程が短縮される

 

α版、β版などを経て完成へ向かいますが、
各工程でクライアントに確認してもらうこともあると思います。

で、その時にデザインの知識があると
修正箇所が少なくなります。

基礎的な知識があるだけで、
一般的な見やすさはクリアできると思います。
(もっとも、アーティスティックなサイト希望の場合はその限りではありませんが)

 

お恥ずかしい話ですが、まだサイトを作り始めて間もないころ、
クライアントから修正箇所を指摘されたときに、
「そこ」だけ修正してました。

例えば、「この部分の余白を広げて」の場合、
一つ変更すれば、同一のカテゴリーも修正して
全体のバランスを見ないとおかしくなりますが、

それを考えないで修正しているので、

修正→確認→指摘→修正→確認→指摘→修正・・・

 

の負のスパイラルに入ってしまいます。
この流れに入ると、全員の時間と労力と消耗が激しくなります。

 

これは当時の私の仕事の進め方にも問題はありますが(;’∀’)

指摘を受けた段階で、

「同じ意味を持つカテゴリーも修正が必要だろう。
で、あれば、全体をもう少し小さくしておいた方が良いかも」

と考え、その段階でクライアントに確認や提案ができると思います。
つまり、

 

指摘→思考→修正点の確認→認識のすり合わせ→修正

 

とすれば、コード一気に書けるからこちらも楽ですから( ´∀` )

 

デザインの勉強をしてなくても、気づくときは気づきますが
より気になりますし、後は修正点の確認や認識のすり合わせの時も
「なぜこう考えて、他の修正も必要か」を相手に伝えやすくなります。

 

単純に楽しい

 

最大の理由にして、最強だと思うのですが
実際に本を読んだりして勉強してみると、

 

「なるほどな~」
「ああ、あのサイトで感じた違和感はこういうことだったのか」

 

など、視点が変化します。

 

事例としてWEBサイトが紹介されているのですが、
どれもコンセプトがしっかりしているので、見ているだけで
勉強できます。

 

あとは、私が性格的に新しい知識を欲するというのもありますが・・・

 

 

最後に

 

最近読んで面白かった本を列挙します。
ご興味あれば、一読してみてください。

プログラムのプラスになると思いますよ。
(本のタイトルにリンクがあるのは、過去に記事を書いています。)

 

「けっきょく、よはく。」

by カエレバ

 

 

「WEBデザイン良質見本帳」

by カエレバ

 

 

「センスは知識からはじまる」

by カエレバ

 

 

「なるほどデザイン」

by カエレバ

 

 

「やってはいけないデザイン」

by カエレバ

 

 

「Webデザイン、これからどうなるの? キーワードから探るデザイン動向の現在と未来」

by カエレバ

 

WEB制作・プログラムカテゴリの最新記事