プロフィール

 

佐々木 克彦と申します。

引きこもり生活からベンチャーの管理職になり
その後統合失調症になって離職、
今は淡路島に移住しながらWEB制作をしています。

そんな私の経歴です。

 

 

専門学校時代

 

県内では真ん中より少し良いぐらいの高校だったので、
わりとそのまま大学進学の受験勉強に進む人が多かったのですが、

元々ゲーマーで、RPGツクールでゲームを作成したりしてました。
その流れでプログラミングに興味があったので、

「これからはプログラミングや!!」

と思い専門学校の資料を比較。
そのうちの一校が、

・プログラミング
・グラフィック
・音楽

を一通り勉強できるということで2年制の学校に入学(試験はなし)

希望通りプログラミングの勉強を始めました。

 

専門学校での違和感

 

入学してみると、同期の人たちはゲーム好きなのはいいとして
作成が好き、という感じではなかったのです。

うちわネタで「キャッキャウフフ」なノリで
技術的な話をするわけでもなく
ただ授業を受けているだけ。

これは、どうなんだろう。

最初の1年目はまだしも、2年目になると
その違和感はMAXに。
夏休みの前に卒業制作を作り、夏休み後は就職活動、
という流れだったので、

「ここは何か違うな・・・卒業制作を作って、すっぱりやめよう」

と中途退学しました。(ちなみに卒業制作はウォーシミュレーションゲーム)

 

空白の時期

 

さて、勢いで中退したはいいけど
どうしたものか?は全然決めていませんでした。

「そのうちなんとかなるさ」

と思うも、そんな意識では物事が進むわけもなく、
また今ほどネットが発達している状況でもないので、
この状態からの脱却方法や、同じ状況の人との情報共有や交換もなく
ますます泥沼に・・・

藤子不二雄A先生のブラックユーモア漫画に
 『明日は日曜日そしてまた明後日も……』  というのがありますが、そんな感じでした。
藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集 (1) (中公文庫―コミック版)

 

一念発起して地元の企業へ

 

さて、そんな生活を続けていましたが、
さすがになにか仕事をしなければ、と思い
ハローワークへ。

紹介から2社目で地元の企業に契約社員として入社しました。

工場勤務のため、力仕事が多かったのですが、
趣味で体を鍛えていたため、特に苦痛にならず
結構楽しく(途中色々ありましたが、その時の話はこちら
過ごしておりました。

 

追い詰められて九州

 

そんななか、部署での配置換えがあり、
新しい担当場所へ。
そこでは一人の先輩から色々と業務を引き継いでいました。

ところが、これは私も仕事に対する甘さがあったのですが、
先輩は完璧主義であり、ちょっとした行動の無駄も厳しく指摘されました。

最初はそれについていくように頑張っていたのですが、
徐々に心身共に重くなっていくように。

 

今は少しマシに(ほんの少しだけど)なりましたが、
とにかくギリギリまで我慢する性格のため
誰にも相談せずに抱え込んでいました。

 

しかし、ある日限界に達し、出社するのがつらい状況に。
なんとか出社するも、午前中でめまいが激しくなり、
そのまま半休を取りました。

そしてその夜、携帯の電源をオフにして、
荷物を詰め込んで夜行バスに飛び乗りました。

しばらく仕事のことしか考えていなかったので
それらを完全に忘れたかったのです。

しばらく福岡、鹿児島、神戸を回って
美味しいものを食べていると少し気分が回復しました。

携帯の電源をオンにすると、家族からのメールがたくさん。
すぐに実家に帰り謝罪、そのまま職場は退職しました。

 

警備会社を経て通信ベンチャーへ

 

その後は警備会社に勤務して、そこで正社員として登用されました。
今まで「正社員」になったことがないので、その時はとても嬉しかったのを覚えています。

ただ、3年ほど勤務しているとわかるのですが、
夜勤があるため、若いうちはまだ大丈夫だけど、
徐々につらくなるのでは?
実際、40代で何人か亡くなっている方もいたので

このまま続けられるのだろうか?

といつも不安に思っていました。

 

その不安もあって、結局退職。
その後独立系の格安SIMの会社にコールセンターオペレーターとして
アルバイトすることになりました。

 

バイトから管理職へ

 

アルバイトから管理職になった経緯については

私がなんでベンチャーで管理職になれたか①
私がなんでベンチャーで管理職になれたか②
私がなんでベンチャーで管理職になれたか③
私がなんでベンチャーで管理職になれたか④

に記載してますが、
会社の役員の方から

「将来的に、会社の『コントローラー』になってくれ」

と言われたことで、すっかり舞い上がっていました。

 

なので、人手が足りなく日中はコールセンター業務をしながら、
人事・顧客管理・端末在庫管理・インセンティブ計算など
こなしながら、どうにかこうにか業務をしていました。

 

統合失調症になる

 

そんな生活を続けいた時に、基幹システムの移行、というプロジェクトがあり
以前プログラミングをしていたことから、副責任者になりました。

当然、以前の業務は継続しているのでさらに仕事が増加して
週末も仕事をしていて常に顔つきも険しくなってきました。

加えて、移行の責任者の方が体調不良でプロジェクトから遠ざかり
ほぼ一人で行う状態に。

どうにか移行は完了しましたが、そんな状態で移行したので、
問題がぼろぼろと・・・。

朝起きると心臓が痛くなり、仕事を休んで
精神科へ。

 

そこでの診断は

 「統合失調症」 

でした。

 

思えば移行のプレッシャー、朝は始発、夜は終電間際で休日も仕事をしている状態が
3か月続けていたので、すっかり身体と精神が参ってしまいました。

 

そのまま失職し、どうしようか・・・と考えていました。

 

JOY CIRCUSにジョイン

 

そんなとき、お世話になってる人から

「友人がホームページ作れる人を探しているんだけど、作れる?」

と聞かれました。

 

プログラミングはしていたけど、WEBサイトは遊びで少し作ったぐらいだしな・・・
と思いましたが、とくに次の目標もなかったので、

「作れますよ!」

と返信、そのままその友人という人に会いました。

 

で、その人が現在のJOY CIRCUS代表です。

JOY CIRCUSは基本的に個人事業主の集まりです。
私もフリーのWEB制作者(他にもネットトラブル対応やスマホの相談もやってますが)
になり、淡路島に移住してフリースクール開設の準備をしています。
※2018年11月現在

 

そんな私が自分の体験や日々の暮らしを綴っていければ、と思います。