警備員をしていた私が伝える、災害時に必要な物4つ(大別)

警備員をしていた私が伝える、災害時に必要な物4つ(大別)

昔警備員時代、防災や応急処置について
資格やら勉強した事があります。

ベンチャー時代は、その経験から防災担当(?)として
社内の非常時対策マニュアルも作成したりしてました。

 

最近地震、台風、大雨など
自然の猛威を感じる事も多くなり、
(現在住んでいる淡路島も多い)

その都度、備えは必要だな・・・と思っていたので、
必要であろう物を列挙してみました。

 

スポンサードリンク

 

布・装着する物

 

タオル

厚手の吸水性の高いものを用意します。
これは止血にも使えます。(圧迫止血)

圧迫止血
受傷している部分にタオルを強く当てて止血する方法です。
この方法は最も簡単でしかも確実な止血効果を得られます。

受傷部を心臓より高い位置に置き、
滅菌ガーゼや清潔なハンカチなどを直接、傷口に当てて強く圧迫します。
手に薄手のビニール袋(なければ、ビニール袋)などを被せて圧迫すれば、
血液感染を防止できます。

参考:日本赤十字社 直接圧迫止血

 

軍手

多めに用意(1人5組ぐらい)しておきます。
重ねて着用すれば、ガラスや瓦礫にも対応できるので、
倒れた棚や机の撤去に役立ちます。

マスク

感染予防、ほこりやにおいでの気分を悪くなるのを防止できます。
女性はスッピンを隠すのにも有効・・・。

 

生理現象

 

女性用生理用品

被災期間がどれくらいになるかわからないため、
絶対に必要になると思います。

 

簡易トイレ

ライフラインの断絶で水栓トイレが
使用できない可能性があるので、あると助かります。

もし手元に簡易トイレがない場合、段ボールにビニール袋を被せて
中に新聞紙や吸水性のある物を敷き詰めれば自作も可能。
(使用後はビニール袋を処理して、新しいのを設置すれば再度使用できます)

 

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】 (15回分)

 

オーラルケアセット(歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュ)

口腔ケアで病気予防もできますし、
口の中がさっぱりすると、気持ちもスッキリします。
(多少、食欲を抑える効果もあると思います。)

 

飲食物関連

 

気候にもよりますが、水は1人2L(大きいペットボトルが1本)、
最低3日分備蓄あると安心です。

【Amazon.co.jp 限定】 キリン アルカリイオンの水 PET (2L×9本)

非常食

カップ麺は日持ちしますが、お湯が無いと作れないため、
缶切り不要の缶詰を用意すると良いと思います。

また、新鮮な野菜不足になる可能性があるので、
ビタミン、ミネラルを補給できる物(ドリンクなど)を準備しておく。

※古くなったら入れ替える必要があるため、
家庭、職場などで「避難想定日」のようなイベントを決めて
実際に食べてみると良いと思います。(夏冬の暑い、寒い時期が良いと思います)
それをすることで、どのような非常食があると便利で、
かつ食べやすいかがイメージできやすいと思います。

水筒(魔法瓶タイプ)

温かい、冷たい飲み物を入手したときに
温度を保ったまま保存、持ち運びできます。

 

 

小物色々

 

応急医療セット(絆創膏、ガーゼ、綿棒、消毒薬)

胃腸薬や、風邪薬も念のため。
持病のある方、常時飲む必要がある薬などもあると安心です。
出来れば薄手のビニール手袋があると、良いと思います。

使い捨てカイロ(冬場に必要になります)

避難所にも毛布が十分に無い可能性が高いので、
冬場に必要になると思います。

割りばし、紙皿、紙コップ、サランラップ

食器を洗う水も使用できない可能性あるため、ラップを敷いておけば、
それを変えるだけで、紙皿などは何度も使用可能。

ライターまたはマッチ

なるべく簡単に点火できる物、後処理が楽なものが良いと思います。

乾電池

通常使用するのは単三電池が多いですが、
災害時は単一電池(懐中電灯やラジオ)もあると良いと思います。
後は、大きいサイズに対応できるアタッチメント(単四→単三or単一、単三→単一)
もあると安心です。

懐中電灯、ラジオ、スマホ用のバッテリー

ラジオは情報入手のために。
ソーラーパネルや手動式バッテリーもついているとより安心です。

蓄光テープ

これは災害時というよりも災害前準備ですが、
夜間停電時に必要なものがどこにあるかをわかりやすくするために、
目印や導線として貼っておきます。

 

まとめ

 

おそらく他にも必要な物もあるとは思います。

また、災害の種類によっては必要・不必要になる物も
あるかもしれないので、

一度調べて見るのも良いとは思います。

 

スポンサードリンク

 

 

その他カテゴリの最新記事