炎上YouTuberで思い出した、「私はアントニオ猪木ではなかった」

NO IMAGE

新しい職場の飲み会などで、
初めて一緒に飲む時、

乾杯後に、ビールを一気に飲むと、
「お、飲みっぷりが良いね~」
と盛り上がる。

で、そんな時、頭の中に
あのテーマと共に、

アントニオ猪木さんの顔が

「確か、彼が『ビールはのどで味わう』って言ってた気がする・・・」

で、

「いや~、アントニオ猪木が、『ビールはのどで味わう』って言ってましたから!」
と言って、さらにビールを一息に飲み干す。
※一気飲みはダメ!絶対!

”やんや、やんや” と、喝采。

飲み会の初っぱなが盛り上がるので
結果、次の飲み会にも誘われやすくなる。

(ちなみに、多少年配の先輩方と飲むときは、アントニオ猪木の部分を
「倍賞美津子の元旦那が・・・」と言うと、やや受けする。)

そんな事を繰り返していくと
当然というか、ビールだけでは盛り上がらなくなる。

で、徐々にアルコール度数の強いお酒を一気にあおる
という地獄スパイラルに陥っていく。
まぁ、当然というか、そのうち醜態をさらして
ドン引きされる、という結末を迎える。

ああ、そうだ、

同じしゃくれていても、
私はアントニオ猪木じゃなかった・・・

もっとも、早めに気付いて止めて良かった。
(そうでなければ、仮に潰れなくても、
この流れだと90度以上のウォッカを飲むか、
エチルアルコールでも飲むか、で間違いなく健康に重大な後遺症を残す)

なんで、こんな事を思い出したかというと、
最近の報道であった
外国のYouTuberが日本でやり過ぎて炎上している件。

視聴数を増やすためには、
より刺激的に、ショッキングな映像が必要になっていく。
その末路はビールの一気飲みと同じく醜態をさらす事になる。

すでに売れているYouTuberは他のビジネス展開をしているようなので、
youtubeで収益が無くても、別に収益を上げられるようにしているようなので、
炎上の影響は限定的かもしれない。

ただ、そのyoutubeを視て、その部分だけで憧れて
自分もなろうと思う人は、
その後の展開をしっかりと考えておかないと、

週末に酔っ払って、路上でぶっ倒れている人と変わりなくなりますぜ。

その他カテゴリの最新記事