文春砲はもう結構

NO IMAGE

漫画家の小林よしのり氏と文春との間にバトルが発生している模様。

  

 

経緯としては、衆院議員の山尾志桜里議員の不倫疑惑について

文春が延々と追いかけている件。

 

元々、あまりそういう「週刊誌」が嫌いというのもあるけど、

それ以前から、特に文春の、特に不倫についての報道には

もう辟易している。

 

ベッキーの時(ゲス不倫)、

「自分達の報道は世の中のニーズに合っている」

「大衆に受け入れられている」

「我々は正義だ!」

と勘違いしたのかもしれないけど。

(「文春砲」とか祭り上げられたのが原因だろうか)

 

 

キングコング西野氏も言っていたけど、

対マスコミ、という大きなくくりで対抗しても

責任が分散・うやむやになる

 

記者が上層部に無理矢理書かされている、という状況でも無い限り

プロとして物書きをしているなら

記事についての責任は記者と編集部、発行元が負わないと。

 

 

なので、今回のバトルについては顛末についても興味がある。

 

 

本当はマスコミの自浄作用が働けばいいのだけど・・・ 

 

その他カテゴリの最新記事