想像と自分事

NO IMAGE

昔警備の仕事をしていた時

 

定期的に防災訓練がありました。

 

 

早朝から、警備・各店舗の店長or責任者が館内に集まり

火元を設定して、非常放送や避難誘導をするのですが

 

 

当然、警備員だけでは避難誘導しきれないので

店舗従業員の方にも誘導をして頂きます。

その訓練も兼ねているのですが

 

 

 

だいたいの店舗従業員の方は、

面倒そうにしていて、

「なんで朝早くから、こんな事しなきゃいけないんだ」

という雰囲気がありありでした。

 

  
 

 

いやいや、

実際に火事とかあった時に

避難誘導が遅れたら、おたくの大事なお客さまが被害に遭うんですよ

 

で、パニックになって

「どうしたら、いいんだ!??」ってなり、

「警備員さん、なんとかしてよ!!」ってなるんでしょ。

 

 

ちょっと想像力を働かせれば、

もうちょっと真剣に

自分事として捉えられるんじゃない?

 

 

 

当然、中には自覚を持って訓練に参加している方もいて

 

そういう人って、普段の接客を見ていても

笑顔、言葉遣い、雰囲気

全てが気持ちの良い接客をしています。

 

 

  

普段の意識は、自然とにじみ出ますよ。

 

その他カテゴリの最新記事