週刊誌はグラビアしか見ない

NO IMAGE

昨日の投稿で、書き残した事を思い出した。

 

文春などの、週刊誌の不倫報道。

おそらく文春砲の代表事例がベッキーの事だと思うけど、

 

その時は、週刊誌側の方を「正義」として、一般には比較的、

受け入れられていたと思う。

 

 

でも、あれって、文春を応援というよりも

 

ベッキーに対する妬みやそねみが強かったのが

後押ししていたんじゃないだろうか。

 

 

だってその後、他の有名人たちの不倫報道が続々とあったけど、

その対象によって、報道やネットの盛り上がり方がマチマチだった。

 

本当に「不倫を絶対ゆるさん!」というなら、

(不倫した人たちの背景は様々だろうけど)

それでももっと世間は沸くはず。

 

 

文春には、そういうのを分析して考える人がいなかったのだろうか・・・

 

もっとも、仮にいたとしても、あの”大勝利”の中ではかき消されるのかもしれない

(それからもしばらく、「文春砲」がもてはやされていたし)

 

 

道義的に許せないとしても、それは当人たちの

関係性(家族も含めて)もあるのだから、放っておいたら?

 

これが例えば、法律に触れる事(覚醒剤とか脱税、汚職)であれば(少なくとも)

当事者たちを追求していけばいいのだけど。

 

今後週刊誌は、自分たちのポジションをどうしていくのだろう・・・

その他カテゴリの最新記事