兄の事

兄の事

前にSNSでは書いたことがあるのですが、

 

 

うちの兄は7歳年上で中学で柔道、高校でラグビーをやっていたので、
結構力が強くて、当時小学生だった自分ではとても勝負にならず

 

 

わりと兄弟間ではあるのかもしれませんが、
ご多分にもれず、あれやれ~これやれ~があります。

飲み物持ってこい、物(リモコンとか)持ってこいだったり、
まだネットがないころだったので
ゲームの在庫確認、予約申し込みの電話を何件もかけさせられたり

 

突飛なのは、キテレツ大百科のアニメを見ているとき急に、

「OPのコロッケの歌を歌え」

という謎の指令(?)が発動して、
兄が納得or飽きるまで歌い続けるという

「ゴールがみえない」ことをしたり。

※「お料理行進曲」って歌なのね・・・

 

 

「ゴルフしたい」
と言って、ピンポン玉を私の頭にのせて
プラスチックのおもちゃのアイアンで打ったり
(30%ぐらいは頭にあたる)

「北斗の拳の世界?世紀末?」

みたいな理不尽は結構経験しております。

「キングダム」より
これも乱世か・・・

 

そんな日々を過ごしている間に
私も高校生ぐらいになり、
その頃には身長は兄を抜いており、
中高でバスケ部だったので、身体も自然と鍛えられていたので、

それでも関係性は変わっていなかったのですが

ある日。

 

 

その日は父親が夜勤で(警察官をしていた)不在。
暴君の兄も、父には頭が上がらないため、

なので、父親が夜勤の時は兄はフリーダムなので、
いつも通りの感じでした(;’∀’)

なにかは覚えてないのですが、
言われたことに対して思わず

 

「チッ」

 

心の声が漏れてしまいました。

 

当然、兄が

「あ?俺に舌打ちした?」

と聞いてきました。

 

正直、それまではあまり面倒なことにならないように
基本的に従うようにしてましたが、

今回の事で、むしろ吹っ切れて

「そう」

と返答しました。

 

 

反応を待っていたのですが、特に反応がないので拍子抜けしました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

そこから5分後

 

 

 「なんでお前に舌打ちされにゃならん!!!」 

 

今かよ!

さすがにカチンと来たので、お互いに座っている状態から
立ち上がりにらみ合う展開に。

 

めんどくさい、勝ち負け関係ない、やったるわい。

そんな感じだったんですけど、

 

母親が止めに入ってその場は終了。

 

で、そのあと兄が

「まぁ、克彦も高校生だしな」

とかわけのわからない納得をして、

 

特に暴君ではなくりました。

 

 

一回雌雄を決する覚悟だった自分としては

振り上げたこぶしの落としどころが無かったのですが(笑)

 

 

 

何が言いたいかというと、

そんなこんなで、
まぁまぁ理不尽には耐性があります(笑)

 

スポンサードリンク

 

 

 

その他カテゴリの最新記事