棋士の大局観

棋士の大局観
スポンサードリンク

 

ちょっとYouTubeの動画を視聴していて、
将棋の棋士の方すごい、
と思い出した事を書きます。

 

棋士の大局観

 

まだパソコンの性能がそれほど高くないとき。

その頃でもすでに、チェスではコンピューターが
人間の王者に勝ったのが話題になっていて、

 

「将棋でもトップ棋士に勝つには?」

という特集をTVでしていました。

 

将棋ソフトとプロ棋士の違いはなにか?

その中であったのが
(特に)一流の棋士には「大局観」がある、という話でした。

 

ちなみに、将棋はチェスと違い
自分がとった相手の駒を、使用する事ができます。

 

チェスの場合は局面が進むと、盤面の駒が減るので
選択肢が狭まります。

コンピューターからすれば、総当たりで(つまり力技で)
最適解を見つけやすくなってきます。
(評価関数作成する方法もあると思いますが、
その評価が間違っているとアウトなので、
マシンパワーがあれが総当たりの方がよい)

 

しかし、先ほど述べたように
将棋はとった相手の駒を任意のタイミングで使用することができます。
また、「成る」「成らない」などもあり、
さらに複雑です。

 

棋士の方たちは盤面の局面を見て、

「今どこが勝負所なのか」

を瞬時に判断して
そこにエネルギーを注ぎ込む事ができる。

そこがコンピューターとの違いだと。
(今はどうかわからないのですが)

 

 

もっとも、棋士の大局観をさらに超越する人もいるようですが(;^ω^)

加藤一二三 VS 羽生善治 5二銀

羽生さんとひふみんの対決。
12:29辺り、解説の米長さんが驚嘆の声をあげます。

羽生さん、すごいな。

 

 

その他カテゴリの最新記事