格安SIMで働いていた私が、怪しいスマホビジネスの説明会に行った話

格安SIMで働いていた私が、怪しいスマホビジネスの説明会に行った話

1年ぐらい前の事。

 

「ささっきー、ちょっとお願いがあるんだけど」

 

と元同僚から声をかけられました。

 

内容は、スマホを使ったビジネスの説明会に一緒に行って欲しいとの事。

 

誘った方も付き合いで行かざるを得なかったようで、
私は話のネタになればいいや、(無料だし)で参加しました。

 

で、参加した説明会が怪しさ爆発だったので、
こんな特徴があったらとりあえず
そっと席を立つor終了後脱兎のごとく帰りましょう。

 

※最近サービス名変えたみたい。そりゃそうか。

 

 

説明者が激うさん臭かった

 

激です。激。
司会者に「先生」と呼ばれるその講師。

 

講演会とか説明会では、司会の人が講師の紹介をするのは
よくあることなのですが、

ご多分に漏れず、有名大学出身、MBAが~、
起業して~イグジットして~とか。

誤解の無いように言いますが、上記がダメというわけではありません。
実際の経歴であって、実績を上げている方もいらっしゃいますので。

 

ただ、前に出てきたビジネスの説明をするはずの講師は、
笑顔を浮かべているだけで、話す内容は、

「安心してください、私が保証します。」

・あなたの保証はいりません。(補償はいるけど( ´∀` ))

「忙しい私が時間を割くのですから、それだけ価値のあるビジネスです。」

・それがどんなビジネスか言ってください。

「難しい事は考えなくて大丈夫ですよ~。」

 

 

話が少し飛びますが、私は推理小説が好きで、

「わぁ!こんなトリックだったのか、やられた!」

となったときに、軽い高揚感を感じるのです。

※今までで一番だと、古典ですが
カーの短編「妖魔の森の家」です。
妖魔の森の家 (創元推理文庫―カー短編全集 2 (118‐2))

 

なので、実はちょっと、期待というか、

「どんなロジックで納得させようとするんだろう、この私を!」

という、ワクワクもあったのです。

 

が、この時点で「あかん」確定に。

 

追い打ちをかけるように、

 

 

1月から始まるのに、12月半ばでまだ詳細がない

 

ビジネスの概要はよくある、
スマホでアプリをダウンロードして評価する的な。

紹介者が登録して、同じようにポチポチしたら、
一定のインセンティブ発生。

 

それよりなによりびっくりしたのは、
すでに立ち上げまでひと月を切っているのに、

 

 

まだ詳細がない

 

公式HPもできてないし、

「サービスは来年1月に始まります!!予定では

と、ぼそっと未定感を出してくる。

 

「先行した海外では大きな話題になってます。」

いやいや、日本でのローンチはどないなってますの。

 

 

おまけに、講師はそれについて

「大丈夫です。私のこの笑顔を見てください。」
「サービス始まらないなら、こんなに笑ってられません。」

という謎の言葉でけむに巻こうとしています。巻かれるか!

 

終わりに

 

私も色々なセミナーや説明会には行ったことがありますが、

その中でもかなりお粗末な説明会でした。

 

少なくとも、このような特徴の説明会は黒と考えて良いと思います。

 

 

誘ってくれた方も疲れた顔で、

「・・・お詫びにご飯ごちそうします。」

と言ってくれました。

 

かえって、さーせん。

 

スポンサードリンク

 

 

 

IT・スマホカテゴリの最新記事