サマータイムがもし実施されたら増加しそうなコールセンターお問合せ4つ

サマータイムがもし実施されたら増加しそうなコールセンターお問合せ4つ
スポンサードリンク

 

最初に言うなら、私はサマータイムは反対です。

メリットよりもデメリットが多いと考えますが、
そのデメリットの1つPCやスマホのOS、ソフト、アプリに
不具合が出る可能性が高いからです。

 

影響のない物もあるだろうけど、実際想定以上に問題が
あちこちに起こるだろうし、起きてからの対応であれば
より対応する人間がしんどくなると思います。

 

今回エンジニア目線ではなく、コールセンター目線で
増加しそうなお問合せを想像してみました。

 

 

1.アプリ、ソフトが起動しない、動作がおかしい

 

ソフトのプログラミングによりますが、
サマータイムによる時刻の変化によって
ソフトの挙動が安定しなくなる可能性があります。

 

修正パッチやシステムの変更待ちになった場合、
それを説明する必要がありますが、

一体いつになったら改善するか?が明確でない場合、
クレームに発展する可能性があります。

※上記は自社のサービス、商品の場合。
他社であればメーカー誘導ですが、それでもクレームになる可能性
(「おたくでは何にもしてくれない」)はありますが・・・

 

2.設定方法を教えて

 

システム側で設定を修正する場合(OS)もありますが、
ユーザーが手動設定する必要があるものも当然あります。

 

提供しているサービス、製品の設定ならば説明義務がありますが、
それ以外についてもなるべく対応したくはなります。

 

元々この種のお問い合わせはあるので、
増加すると思います。

 

3.設定をしなかった事で起きた問題をリカバリーしたい

 

特に2に関連するかもしれませんが、
手動設定する必要があった(メーカーの事前告知はあり)にも関わらず、
ユーザーがそれをしていなかったために、

例えば、

・アプリで株取引ができなかった
・ソーシャルゲームで時間限定イベントができなかった
・期日のあるネット懸賞に応募できなかった

などなど。

 

その間の補償を求めたり、別の形でサービスを受ける方法を
聞かれる可能性があります。

 

自社サービスだとしても、
「告知はだいぶ前からしてるんだけどな・・・」
とは思いますが。(他社なら、なおさら)

 

これは運営側がどのような対応をするかが決まるまでは
答えづらいお問合せでもあるので、
相手の勢いに押されて口約束などできないので、
対応により、神経を使います。

 

4.「サマータイム対応してください」という通知が出てくる

 

今でもありますが、インターネット閲覧していると

のような表示が出て、

「すぐにセキュリティソフトを導入してください」
「この番号に連絡してください」

などの文章が出てきます。
これらの警告はほとんどが有料ソフト購入を促すか、
マルウェア、ウィルスをダウンロードさせるか、

いずれにしろ、ろくでもないものがほとんどです。

 

サマータイム導入前後は、文言を少し変更した警告が
たくさん表示されると思いますが、

 

中には、本当に必要な更新の場合もあるので、
電話口のヒアリング(特にITリテラシーが低い方が相手の場合)
だけで判断したくない、というのが正直なところです。

 

 

※実際私がお問合せを受けた中には、
「マイクロソフト」からの警告が表示されたので、
そこに記載のあった電話番号(東京03から始まる(;’∀’))にかけてしまった方もいます。
(PCを遠隔操作されてしまった)

 

まとめ

 

もちろんシステム担当者やエンジニアにも負担がかかる可能性大ですが、
二次、三次と他の部署にも派生してくると思います。

 

以前、コールセンターで大変なお問合せについて、3つ書きましたが
それに加えて増えるのですから、オペレーターのストレスは大変なものだと思います。

 

だから不要なお問合せが増加する可能性のある
サマータイムには反対なのです。

 

 

オリンピック、パラリンピックについては、
単に競技開始時間を早めればよいと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

IT・スマホカテゴリの最新記事