私がなんでベンチャーで管理職になれたか④

NO IMAGE

①はコチラ

②はコチラ

③はコチラ

 

 

エクセルのテストは始業前の1時間ほど。

 

10問ぐらいだったか、徐々に難しくなる
お決まりのパターン。
多分解答できたのは7問。
付け焼刃の勉強にしては、まぁまぁでした。

 

 

 

後日結果を知らされて、

 

 

成績自体は、
全体の2番目ぐらいだったかな?確か。

 

 

結果よりも、当時で30代後半だったけど、
勉強して、その結果がしっかりと出ている方が
嬉しかったですね。

 

 

興味があることはまだまだ頭に入ってくるや!って( ´∀` )
「年齢で勝手に自分にリミットかける必要はない」
これは、今でも思えているので一番の収穫でした。

 

 

 

さてそれからさらに数日後。

 

例の役員の方から呼び出されました。
③の時にも書きましたが、
「ミスでもしたか・・・?(;’∀’)」
が先に頭をよぎりましたが(笑)

 

「管理部を作るので、そこの長として業務を行ってくれないか?」

 

 

そう言われたときは、とても嬉しかったですね。
後先考えず、OKしました(笑)

 

ちなみに、後で聞いたのですが、
評価されていたこととしては、

 

  1. エクセルテストの結果
  2. いつも朝早く出社して仕事の準備をしている
  3. 電話の応対

 

ちなみに2に関しては、
実家から通勤していて、遠方だったため
混雑さけるために早かった、に加えて

とにかくスロースターターなので、
朝来てすぐに仕事、ができないタイプ。

仕事前に決まったルーティーンをしてから
(メール確認、会社の床掃除、机の拭き掃除とか)
仕事に入るため、別に意識して朝早く来ているわけでもないし、

 

 

1に関しても前述のとおり、エクセルも勉強面白い~と思ったから
やったのであって、無理をしている意識も無し。

 

 

3もなるべく丁寧に~ぐらいの意識だったので、

 

なにか特別に「気に入られよう!」とかは考えてなかったです。

 

なので「なぜベンチャーで管理職になれたか」の
明確な答えはないのだけど、

 

「自分が意識してない部分を結構、
人は見ている&評価する(良くも悪くも)」

 

 

ですかね・・・

結論になってない(;’∀’)

・・・

終わり

 

 

IT・スマホカテゴリの最新記事