【読書】「けっきょく、よはく。」 余白とゴールデンサイレンスは同じ

【読書】「けっきょく、よはく。」 余白とゴールデンサイレンスは同じ

Webクリエイターボックスで紹介されていたこの本。

デザインを考えるうえで、読みやすかったので
感想を書いてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

NG例とOK例

 

この本がわかりやすいのは、

新米デザイナーの「いまいちさん」と
ベテランの「しゅっと先輩」で

NG例とOK例を見開きで掲載している事。

 

NG例もわりと「ある」というデザインで、
綺麗に作られているけど、

 

「圧迫感がある」

「情報多くてどれが伝えたい情報?」

 

など、悪くないけど詰め込みすぎの感があります。

 

それをOK例で「よはく」を用いて
スッキリ、あるいは情報の整理するための要点を教えてくれます。

 

 

 

「よはく」は「ゴールデンサイレンス」

 

営業にはゴールデンサイレンスという言葉があります。

営業のクロージングトーク後、お客様がじっと考えている時間です。

 

この「間」に耐え切れず、ついつい

 

「あ、悩みますよね。それなら~一度お持ち帰りになって~」

「実はお値段をもう少し下げれます。」

 

と相手が何も(要望を)言ってないのに、ペラペラとしゃべって
上手くいく話をぶち壊してしまうことがあります。

 

 

「よはく」も「ゴールデンサイレンス」と同じで、

ついついデザイン上の空白に

 

「もっと情報を詰め込んだ方が良いのではないか??」

 

と焦燥感でコテコテの装飾にしてしまうことがあると思います。

 

 

なんで焦燥感が生まれるのか?と考えていたのですが、
先のゴールデンサイレンスの時に、なぜ耐え切れずしゃべってしまうのか。

 

それは、「自分主導、意図がない」からではないかと思います。

 

クロージングトークまでに至る道筋で
お客様とコミュニケーションができ、
かつ、しっかりとイニシアチブを取れていれば、

後はお客様の決断次第。
沈黙も熟考していると思えます。

 

これがお客様とコミュニケーションが取れず、
主導権を握れずにクロージングまで進むと

 

 

「あれ、めっちゃ考え込んでる・・・。そういえば、あの時上手く喋れてない。
あやしいと思われてる??今挽回しなくては!」

 

 

と焦って、話し出してあかんことに。
(もっとも、上記のように思っている時点で結構失敗にはなるけど)

 

 

「よはく」もそこに意図があれば使うのが怖くなくなる、
むしろ使わないと違和感がおこるのでしょう。

 

『写真の右側に余白を設けて、重苦しさを無くして広がりを感じてもらおう。』

 

など、自分の考えや意図が入ると、「よはく」も「情報」になります。
(もっとも後付けの苦し紛れはダメだと思いますが)

 

 

まとめ

 

基本的に一枚の広告、チラシのデザインについての
本ですが、WEBデザインにも応用のきく良書と思います。

 

気軽に読むのにも良いので、デザインの勉強や広告、
ポップ制作している方も読んでみると面白いと思いますよ( ´∀` )

 

 

by カエレバ

 

 

読書・歴史カテゴリの最新記事