【読書】「なるほどデザイン」をデザイン初心者が「なるほどポイント」でまとめる

【読書】「なるほどデザイン」をデザイン初心者が「なるほどポイント」でまとめる

まとめサイトや、デザイナーさんもおススメしている

「なるほどデザイン」

を読了したので、感想を。

 

結論から言うと、もっと早く読んでおけばよかった、です。

 

by カエレバ

 

 

なるほどポイント:7つ道具の「擬人化力」

 

デザイナーの7つ道具、というチャプターがあるのですが、
そのうちの1つ、「擬人化力」

書体や文字の組み方、配置やあしらいを
擬人化してみる、という項目でしたが、
「なるほど」と思いました。

 

・書体を声色に変えてみる
少し幼い手書きの文字を読むとき、
脳内で自動で子供の声に変換することはないでしょうか。
私はわりとあります

 

極太の文字で書かれている文字を見ると、
力強い声(応援団のような)のを
想像してしまいますよね。

 

反対に、小さく細い文字で書くと
声が小さく、自身無さげに感じると思います

 

※ちょっと趣旨と違うかもですが
全部カタカナで書かれた文章を読むと、
勝手に脳内でカタコトで読んでしまいます。
(タトエバ、コレトカネ)

 

・配置を人に例えてみる
整然と並んでいるデザインは
「列を乱さずに並ぶ朝礼のサラリーマン」
確かに真面目で安定感があります。

あえて位置をそろえないデザインは
「ゆるくラフに立っている人たち」
堅苦しくなく、ヌケ感があります。

 

・・・のようにデザインを擬人化してみると、
難しくかんがえすぎなくてよいと思います( ´∀` )

 

なるほどポイント:文字のサイズや組み方考える

「言葉と文章」にある、Appleの紹介記事。

このbefore・afterを見ると、

文字のサイズや組み方を変えるだけで、
まるで伝わり方が違うのがよくわかります。

 

どちらも書いてる内容は同じなんですけどね。

 

 

 

なるほどポイント:けっきょく余白、いや「よはく」

以前書いた「けっきょく、よはく。」にもありましたが、
所々に余白の重要性が書かれています。

by カエレバ

 

 

例えば、「余白のライト」というページでは
境界線と余白で仕切った場合、
全体をぼやかすと境界線の方は
ほぼ、区切りがわからなくなりますが、

余白のときは、区切られているのが視認できます。

 

パッと見たときというのは、
ぼかしがかかっているときと同じで
脳が一瞬で判断するため、

 

余白がないとそれだけで

「詰まっている」
「区切りが不明」

と(即座に)判断されてしまいます。

 

 

サイトを見るときなど、視認性でユーザーに拒否されるのは
もったいないので、意識はしていきましょう。

 

まとめ

一部抜き出しても、かなりの「なるほど」ポイントがあります。
デザインを勉強されている方からしたら
知っていることの方が多いかもしれませんが、

私のように勉強中であれば
ぜひ読んでみてください。

 

by カエレバ

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

読書・歴史カテゴリの最新記事