釣りバカ日誌から考察する、仕事の出来る・出来ない

NO IMAGE

最初に断っておきますが、今回特に主観バリバリです。

 

定性判断と定量判断

釣りバカ日誌のドラマについて書かれているブログがあって、

その中で「主人公のハマちゃんが、自分(ブログ主)と一緒で仕事が出来ない・・・」

と記述があったので、仕事の出来る・出来ないとはなんだろう?と考えて見ました。

 

 自分なら、仕事の出来る・出来ないの総合判断をするときは、定量と定性を考えます。

 

◆定義は?
 自分が定義する定量・定性は下記の通りです。

 (色々なご意見あると思いますが、あくまで個人的な定義です)

 ・定量が数値的な事  見えやすい、改善したかもわかりやすい

 ・定性が感覚的な事  見えづらい、改善したかはわかりにくい

  

 ※定量的な数値の例としては、ゲームのジャンルでRPG(ロールプレイングゲーム)
があります。

  メジャーどころだと、ドラクエ。

  主人公にはレベルがあって、力や素早さ、守備力などが数値で表示されます。


           こんなの ↓
          images
 能力が数値化されているので、強い、弱いが判断しやすいと思います。

  (この場合の定性判断は、習得しているスキル・魔法の数や種類か。)

 

 
◆釣りバカ のハマちゃんは会社に必要なのか?

 で、くだんのハマちゃんですが、

 漫画・映画・ドラマを視聴して判断出来るのは、

 ・定量的な部分では、営業成績(数値化できる)の悪いダメ社員。

 ・定性的な部分では、課内を明るくし、趣味の釣りを通して社外の人脈も多い。
  (それがトラブル解決の突破口になったり)

 

 総合的な判断をすれば、確かに仕事が出来ないけれど、いなくなると

 仕事が円滑に進まない、かも、知れない(まぁ、課内の雰囲気とかが暗くなって)

 

 評価する人によって、定量・定性のどちらに重きを置くかで評価が分かれそうではありますが、

 一概に「仕事が出来ない」とは言い切れないのではないかな、と考えます。

 
◆バランス大事 

 当然ビジネスなので、定量的な判断を軽視は出来ないと思います。

 (数値が見えるので、改善策も具体的な案が出せると思いますし)

 

 ここはあくまでもバランスが必要なので、

 人の仕事ぶりを判断するときには

 総合的に判断出来ると良いと、自分は考えます(^_^)

 

未分類カテゴリの最新記事